第31回ジャパンXボウルは富士通が優勝

日常

アメリカンフットボールの日本社会人リーグ(X-Large)の優勝決定戦 JAPAN X BOWL が 12/18 東京ドームにて開催されました。
対戦は2連覇を狙う出場常連の富士通と昔の面影無く強くなったIBM。

富士通vsIBM

後輩連れて、久々の東京ドームで観戦しました。筆者の贔屓チームは、残念ながら早々に「良いお年を」になってしまった為、「赤勝て白勝て」状態で富士通サイドで観戦しました。

2Q前半までは両者互角の勝負でしたが、3Q以降は完全に富士通ペース。終わって観れば 63-23 で富士通の圧勝でした(バスケットの試合じゃないのに)。両者ショットガンフォーメーションのチームでロングパスを決める等、空中戦も多かったので、観ている方は面白かったんじゃないでしょうか(少々大味でしたか)。

後半戦はIBMも善戦はするのですが、要所要所で富士通ディフェンスに阻まれタッチダウンに結び付けられません。逆に富士通は、アメリカ人QBが冴え渡って投げて良し、キープからのランでも稼ぐなど絶好調でした。以下のスタッツでも判る様にIBMはインターセプト3回が効いてます(全て富士通が得点に結び付けたし)。

富士通のダメ押しのTD後のポイントアフター

富士通側のスペシャルプレーは、リバースとハーフバック・パス位でしょうか。後ろで「フリー・フリッカーだ!!」と騒いでいましたが、QBにボールが帰っていないので、ハーフバックパスでございます。リバースはかなり効いてロングゲインとなっていました。

日本ではアメフット自体かなりマイナーなスポーツ(1Q-12分とか意味不明だし)なので、毎回観戦者はほとんどが身内や関係者だったりします。今回もご多分にもれず、まともに入場券買って入っているのは半分か、1/3以下、下手をすれば3/4はタダ券での動員者じゃないかしら。

富士通も仕事サボッた関係者が開場と同時に大挙して席取りしてました。これ本当に迷惑なんです。しかも物だけ置いて誰も居ないとか。怒り怒髪天をついている方もいました。

昔は富士通の応援団って、もう少しまともだった気がしますが、随分落ちたものです。

なにはともあれ、社会人王者は富士通となりましたので、1/3のライスボウルは学生王者の日大との対戦になります。(また、どちらもショットガンだし、これはTVで十分かなぁ)。

ところでライスボウルは1Qー15分でやるのだろうか?昔はリーグ戦は12分、ボウルゲームは15分だったはずなのだが...

日常

Posted by null-a