昔の名前で出ています-MiniDLNA-

FreeBSD

 QNAP NAS 上の映像データの視聴はサーバ側の MediaTomb で REGZA(Z8)へ配信し、視聴しています。(QNAPの標準 DLNA サーバ では REGZA で ts 視聴出来ない。mpg は OK)
 MediaTomb は良いのですが、私の使用用途では、重厚長大で、毎回のシステムアップ時にハマる原因となっていました。

 今回、お家サーバを FreeBSD 11.1 へアップしたことに伴い、ReadyMedia (旧姓 MiniDLNA を導入しました。ports 一発 make で、REGZA を認識、ts 再生も問題ありません。軽いし、良い感じです。
 尚、MiniDLNA のほうが通りがよいので、ここでは、MiniDLNA と呼ばせて貰います。

一発認識、QNAP側もOK
プレビュー表示OK
HD再生問題なし
フルHDもOKよ~(昔のBSはフルHD放送だった)
某番組のプログレッシブもOK
MiniDLNA のトップ画面(日本語表示が嬉しい)

ports から入れた MiniDLNA 1.2.1 では、
(1)接続機器の MACアドレスが取得出来ない
(2)ビデオサムネールが表示出来ない
(3)スマフォなどのDLNAプレイヤーでカバーアートが粗い
ので、色々調べて対応パッチをあてて再作成しました。パッチや make については「4.10.2 miniDLNA の設定」を御覧ください。

リモート機器のMACアドレス(パッチ後)
ビデオサムネイル確認(PC向けプレーヤでDLNA接続)
カバーアート(500px)
スマフォ標準ミュージックプレイヤー サーバ(FreeBSD)とQNAP(Linux)を認識

FreeBSD

Posted by null-a