SAMBA smb が無限増殖?

2018年4月18日FreeBSD

 しょうもないお間抜けな話を1つ。
 お家の SAMBA サーバで smb プロセスがやたら増えるのでおかしい、おかしいと思っておりましたが、やっと原因判明。わかってしまえばなんとも間抜けな話でした。
 smb のデーモンは接続しに来たクライアント単位に生成されます。うちのローカルネットからの接続のみ許可しているので、せいぜい3,4個のはずが数日ほって置くとどんどん生まれてきます(そんなに子作りに励んだつもりは無いのだが)。
 原因は、SAMBA で IPv6 接続を許可している事でした。ローカルPCの IPv6 は、固定ではなく毎回自動割当するようにしているので、リブートする度にIPが変わると別クライアントからの接続と思って生成していた様です。
 ローカルPCのIPv4 は固定で振っているので、smb4.conf を以下の様に IPv4 接続とすることで一件落着。

ついでに FreeBSD のSAMBA設定ページを追加しました。

FreeBSD

Posted by null-a