REGZA から SAMBA の共有に繋がらず困った話

FreeBSD

 お家サーバの OS を FreeBSD 11.1 へアップした際、REGZA とのファイル共有に入れいている samba を 4.4 から 4.7 へアップグレードしました。

 Windows 10 マシンからは samba 共有出来ていましが REGZA(TV)からは何度やっても共有に出てきません。ユーザ・パスワードは変えていないのに??状態です。

 ここから汗と涙の話になるのですが、結論から言うと smb4.conf へ “ntlm auth = yes” を追加して解決しました。セキュリティレベルは落ちるかもしれませんが、宅内接続だけですので良しとします。

 以下は、解決までの経緯です。

 REGZA 側のエラー表示は「出来ない」の一点張りで、訳わからないので、 samba 側へログ出力の設定を入れsambaの再起動します。

REGZA側から再検索して /var/log/samba4 下の接続ログ(REGZAは z1000を名乗っている)を見ると

の出力があります。(パスワードがいけない子なの?そんな訳は無いだろう・・)
 広大なネットをウロウロとググると、以下のサイト様に有りました。
 4.5 から認証方式のデフォルトが変わり、「前の認証方式を使うなら conf に ntlm auth = yes が必要」との事。

 早速、/usr/lcoal/etc/smb4.conf の [global] へ追加してsamba再起動。

 無事、REGZA から共有出来るようになりました。やれやれ。
 ついでに、「4.12 Windowsファイル共有 SAMBA の設定」も 4.7 ベースへ変更しました。

【参考にさせて頂いたサイト様】
Samba 4.5以降のNTLMv1認証 – ミヤビソリューション

FreeBSD

Posted by null-a