トップ3だぁ~~~

TV

 「ネットは広大だわ~」などとうそぶきながら、WEB見てたらこんな記事が!!

 な、何だって~、トップ3の制作を発表だって!!!
 トップ{「トップをねらえ!」)と言えば未だに根強く、また、カルト的人気を持つスポ根宇宙SFアニメ(私だけ?)。アニメ完結まで6,7年掛かったのも有名(まあ、ガイナックスだから仕方ないといえば仕方ないのかもしれないが)。

 今回は、絶対初心に立ち返っていただき美樹本キャラでお願いしたいな。
 お話はどんなのになるんだろうか?2人の帰還後から始まるのか?はたまた、トップ2のようにオリジナルで、最後に連携か?
 正直トップ2は蛇足感が半端無かったし、美樹本キャラではなかったのでイマイチでした。今回は、日高のりこさんと佐久間レイさんでノリコとカズミのアフターストーリを描いていただくと嬉しいなあ、無理かなあ。

 という訳で「トップをねらえ!」の円盤捜して復習してしまいました。
 以下はストーリ解説ではないので、未視聴の方は「何じゃコレ」になると思いますが、お話は、是非、DVD等でご覧になってみてください。

第1話~第2話

 オープニングです。

 ちなみに主題歌はこの方が歌ってます。

元祖バラのおねぇさまを背景に酒井法子が歌います

 銀河の中心方向より飛来する宇宙怪獣を迎撃するため帝国宇宙軍は、新造戦艦エクセリオンを中心した艦隊とトップ部隊と呼ばれるパワードスーツのマシン兵器部隊を編成する。
 トップ部隊の訓練を受ける為、沖女から選抜されたアマノ・カズミとタカヤ・ノリコの二人はオオタコーチと共に宇宙ステーションへ向かいます。

いってらっしゃーい!左からオオタ、カズミ、ノリコ

第3話~第4話

 ついに進宙したエクセリオン。その艦内では、「エクセリオン進宙記念かくし芸大会」が佳境に入っていた!?。第3話冒頭のコーチとおねぇさまのデュエット『男と女のラブゲーム』は必見(聞)です。

 目標宙域へのワープ終了間際に艦隊は宇宙怪獣群の攻撃を受けてしまいます。
 次々撃破され、エクセリオン艦隊全滅直前、ノリコは未完成で稼働時間10分のガンバスターで出撃します。第4話の熱い展開は、前半の最大の山場!!

「第7ハッチが開いています!」「な、なんだとぅ」

第5話(お願い!!愛に時間を!)

 沖縄へ帰還したノリコ達を待っていたのは、浦島効果により10年が経過した沖女でした。同級生は皆卒業し、選抜されなかった事を嫉妬してノリコに試合を挑んだカシワラも教師となっています。
 二人だけの沖女卒業式を経てノリコは中尉に、カズミが大尉に任官します。つかの間の休息を過す二人の元に太陽系外縁に迫る宇宙怪獣群の知らせが届きます。しかもその数2億5千万体以上!
 コーチの無謀とも言える秘策と共に二人は完成したバスターマシン1号と2号で再出撃することになります。

出撃する二人、見守る二人
「おねえさま、しっかりしてください!」
コーチの暴力、民間なら一発アウトですよ~

 サブタイトルの「愛に時間を」はアメリカSF界の巨匠、故・ロバート・A・ハインラインの同名小説のオマージュか?。

最終話(果し無き、流れのはてに・・・)

 地球帝国宇宙軍は、宇宙怪獣との最終決戦を決意しカルネアデス計画を発動します。ノリコはガンバスターパイロットとして、同計画遂行艦隊「銀河中心殴り込み艦隊」と行動を共にし、銀河中心核付近での作戦行動に従事します。一方、カズミは地球に残りカルネアデス計画を支援します。それから15年後、同計画の切り札、究極兵器バスターマシン3号(B.H.B.)が完成します。

 再び、ノリコと共に戦う事を選んだカズミは、バスターマシン3号を届ける為のパイロットとなり、銀河中心殴り込み艦隊へ向かいます。

バスターマシン3号(コックピットと外観)
「奇跡は私が起こします!」

 サブタイトルの「果てし無き流れの果てに」は故・小松左京の同名小説のオマージュ?

ユング:トップ3が放映されたら、「オカエリナサイ」と言ってあげるわ。

オカエリナサイ

TV

Posted by null-a